森の健康診断 結果情報   【2012年度】
 2008年度調査結果 
ID 99
調査日時 2008-11-02
天気 晴れ
調査地名 郡上市大和町古道G-1
グループ名 08_G
リーダー名 山崎哲也
調査メンバ 上村悠介・片山峯夫・加藤幸子・蒲勇介・亀崎敬介・中川貴美子
写真1
写真2
林の種類 スギ
標高 200
斜面方位
斜面傾斜角 25
落葉層被覆率 ある
腐植層被覆率 5cm〜
草と低木の種数 24
草と低木の被覆率 ない
樹木(植栽木以外)の本数 0
樹木(植栽木以外)の断面積 0
樹木(植栽木以外)の種数 0
樹木(植栽木以外)の被覆率 ない
枯損木 なし
タケの侵入 なし
平均胸高直径(cm) 29.7
断面積合計(m2/ha) 0.562
上層木樹高(m) 26.6
平均木樹高(m) 24.6
林分形状比 85
haあたり本数 800
平均樹間距離 3.5
相対幹距(Sr) 13.3
過密度(Srによる) 超過密
コメント 林道からすぐの調査地点。浅い谷筋の地形で、日当たりの良い杉林だった。間伐の後もあり、明るく、手入れされているな、と言う印象をもった。林道脇に伐採残材(杉の枝葉、切り株等)も目立ち、間伐材を搬出したのではないかと推測される。診断結果が『過密』と診断され、見た目とのギャップに少し驚きもあった。

健診概要 | Q&A一覧 | 登録 | 結果リスト | GIS | [戻る]