森の健康診断 結果情報   【2012年度】
 2008年度調査結果 
ID 95
調査日時 2008-11-02
天気 晴れ
調査地名 郡上市大和町古道E-2
グループ名 08_E
リーダー名 中嶋哲也
調査メンバ 高平智行、熊田朋恵、富成一樹、長田有美、原島幹典、日置義直、船戸秀晴
写真1
写真2
林の種類 ヒノキ
標高 200
斜面方位 西
斜面傾斜角 23
落葉層被覆率 まだら
腐植層被覆率 0〜2cm
草と低木の種数 20
草と低木の被覆率 ない
樹木(植栽木以外)の本数 0
樹木(植栽木以外)の断面積 0
樹木(植栽木以外)の種数 0
樹木(植栽木以外)の被覆率 ない
枯損木 なし
タケの侵入 なし
平均胸高直径(cm) 0
断面積合計(m2/ha) 0
上層木樹高(m) 0
平均木樹高(m) 0
林分形状比 0
haあたり本数 0
平均樹間距離 0
相対幹距(Sr) 0
過密度(Srによる) 未診断
コメント 緩やかな尾根地のヒノキ林。道のすぐ上にありの法面が切り立っている。日当たり、風通しは良くさわやかで心地よい。木は細長く、間隔は狭い。間伐の跡あり。尾根を境に林齢のことなるヒノキ林と隣接している。周辺にはアカマツが目立つ。林床は乾いた感じで、土壌の流亡がみられる。下層植生は乏しい。シダが目立つ。

健診概要 | Q&A一覧 | 登録 | 結果リスト | GIS | [戻る]