森の健康診断 結果情報   【2012年度】
 2008年度調査結果 
ID 60
調査日時 2008-05-11
天気 曇り
調査地名 坂折
グループ名 森林塾5期
リーダー名 キコリン
調査メンバ 脇、三、篠、松、竹、杉、安
assis:niwa,kiyo,sato
写真1
写真2
林の種類 ヒノキ
標高 640
斜面方位 南西
斜面傾斜角 16
落葉層被覆率 ある
腐植層被覆率 5cm〜
草と低木の種数 22
草と低木の被覆率 0〜20%
樹木(植栽木以外)の本数 0
樹木(植栽木以外)の断面積 0
樹木(植栽木以外)の種数 0
樹木(植栽木以外)の被覆率 ない
枯損木 なし
タケの侵入 なし
平均胸高直径(cm) 20.3
断面積合計(m2/ha) 0
上層木樹高(m) 21
平均木樹高(m) 19
林分形状比 93.6
haあたり本数 1800
平均樹間距離 2.35
相対幹距(Sr) 11.1
過密度(Srによる) 超過密
コメント 採草地跡に植えられたヒノキ林、周辺も同様な林相なので間伐された切り株から林齢を見ると40年弱である。地位指数は高く、上の中。7〜10年ぐらい前に間伐されているが林冠が塞がれ、下層植生は貧弱である。22種の草や低木があるが、被服率が低くそれらの成長は殆ど見込めない。

健診概要 | Q&A一覧 | 登録 | 結果リスト | GIS | [戻る]