森の健康診断 結果情報   【2012年度】
 2008年度調査結果 
ID 35
調査日時 2006-05-21
天気 晴天
調査地名 鈴鹿川 A-1
グループ名 チーム8
リーダー名 西田達弘 興田辰雄
調査メンバ 小林ミエ/阪 竹男/沢 加奈子/高橋 保/不和為和/山田安秀 
写真1
写真2
林の種類 混交
標高 320
斜面方位
斜面傾斜角 15
落葉層被覆率 ある
腐植層被覆率 0〜2cm
草と低木の種数 12
草と低木の被覆率 0〜20%
樹木(植栽木以外)の本数 0
樹木(植栽木以外)の断面積 0
樹木(植栽木以外)の種数 0
樹木(植栽木以外)の被覆率 ない
枯損木 なし
タケの侵入 なし
平均胸高直径(cm) 24.3
断面積合計(m2/ha) 77.7
上層木樹高(m) 21
平均木樹高(m) 17
林分形状比 70
haあたり本数 1600
平均樹間距離 2.5
相対幹距(Sr) 11.9
過密度(Srによる) 超過密
コメント 調査面積:100

初期には行なわれていたと推測される管理が、途中で放棄された印象を受けた。
里地に隣接する森林だが車両の騒音も届かず、小鳥の鳴き声が多く途中にも冷たい水が流れる細い水路があり、素敵な環境地である。
かえる、さわがになども見られた。

健診概要 | Q&A一覧 | 登録 | 結果リスト | GIS | [戻る]